JAグループ山形Net
JAグループ関連サイト 新着情報
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/20 10:56)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:50)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:50)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:49)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:49)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:49)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:49)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:49)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:48)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:48)
JA金山(サイト内)
(2015/4/20 19:39)
ユーザー名:

パスワード:



トップ  >  交流20周年 JAおきなわ伊江支店交流祝賀会
山形県 みちのく村山 畜産 伊江 JAおきなわ 子牛 尾花沢牛 肥育
2016年01月15日
交流20周年 JAおきなわ伊江支店交流祝賀会
 JAみちのく村山と沖縄県JAおきなわ伊江支店の畜産部門における交流が20周年を迎え、節目を祝う祝賀会が、平成28年1月15日に、JAおきなわ伊江支店で行われた。
 当JAからは、折原敬一代表理事専務と、同JA管内畜産農家(有)スカイファームおざきの尾崎社長が出席。伊江村長から感謝状が贈られた。

 伊江村は、沖縄地方の本部半島から9㎞北西の場所に位置し、農家戸数は466戸(肉用牛158戸、乳用牛4戸)人口4,717人、総面積2,277㎢の一島一村。
 旧JAおばなざわと交流する前は、沖縄県の子牛価格は低迷しており、本土市場との価格差を埋めるための対策が求められていた。これを受け平成7年3月、JA伊江村繁殖部会は、血統と育成技術の評価を高めるため、当時の旧JAおばなざわの肥育部会に雌の子牛10頭を提供し、結果を求めた。
 その結果、伊江村の血統と育成技術は高い評価を受けるようになり、生産農家にとって大きな励みとなり、現在でも交流が続いている。また、子牛市場に新規購買者も数多く参入し、沖縄の子牛市場の評価・価格の向上にもつながっている。





写真=感謝状を受け取る折原専務/交流20周年を祝し、参加者で記念写真(沖縄県伊江村で)

JAみちのく村山ホームページ
JAみちのく村山Facebook
投票数:22 平均点:10.00
前
果樹・野菜の防除基準を説明
カテゴリートップ
JAみちのく村山(サイト内ページ)
次
たらの芽・うるい…山菜の目揃え会開催

 

JAグループ山形Net

 Copyright(C)   JA-group  Yamagata  All rights reserved.