JAグループ山形Net
JAグループ関連サイト 新着情報
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/20 10:56)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:50)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:50)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:49)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:49)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:49)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:49)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:49)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:48)
JAみちのく村山(サイト内)
(2016/4/19 9:48)
JA金山(サイト内)
(2015/4/20 19:39)
ユーザー名:

パスワード:



トップ  >  果樹・野菜の防除基準を説明
山形県 みちのく村山 村山営農センター 防除基準 農薬 温床資材 北村山農業技術普及課 果樹野菜振興部会
2016年01月22日
果樹・野菜の防除基準を説明



JAみちのく村山の本店で22日、村山営農センター果樹野菜振興部による「平成28年度 村山営農センター果樹・野菜防除基準説明会」が開催された。
会場には、村山管内の果樹・野菜の生産者など約200人が訪れた。

初めに、野菜振興部会の森修一部会長が「今年も、農産物が消費者に届くまでの管理を徹底して、さらなるブランド価値の確立に向け力を尽くしていこう」とあいさつ。

髙谷尚市組合長は「生産者の皆さんの日頃の栽培管理の努力により、昨年は果樹野菜の出荷について素晴らしい結果になった。農業は大きな変化の時期を迎えており、TPPの影響など不安もあると思う。防除は、果樹野菜栽培の大きなポイント。今後も他産地に負けないくらいの素晴らしいものを作れるよう、組織一丸となって取り組んでほしい」とあいさつした。
説明会では、全農山形から資材・農薬情勢について報告が行われた。JA職員からは、農薬・温床資材の予約取りまとめと奨励措置、防除基準について説明が行われた。



また「前年の気象条件を振り返っての栽培内容」と題して、さくらんぼ栽培講習会が開催され、北村山農業技術普及課の今野勉プロジェクト推進専門員が講演した。会場は大勢の参加者で埋め尽くされ、説明に熱心に聞き入っていた。

会場では、全農や各種メーカーによる農業資材の展示も行われ、多くの組合員が、手に取ったり質問したりしながら、新しい資材の内容を確認していた。



写真=会場は大勢の参加者で埋め尽くされた/森部会長・髙谷組合長によるあいさつ/説明に聞き入る参加者/展示品に見入る参加者(山形県村山市で)

JAみちのく村山ホームページ
JAみちのく村山Facebook
投票数:24 平均点:10.00
前
献血で地域貢献
カテゴリートップ
JAみちのく村山(サイト内ページ)
次
交流20周年 JAおきなわ伊江支店交流祝賀会

 

JAグループ山形Net

 Copyright(C)   JA-group  Yamagata  All rights reserved.