JAグループ山形Net
JAグループ山形とは

山形県農業協同組合沿革史 第二編 Ⅰ編~Ⅱ編
山形県農業協同組合沿革史 第二編
山形県農業協同組合沿革史 第二編
編纂:山形県農業協同組合沿革史編纂委員会   発行年:昭和51年
発行:山形県農業協同組合中央会
 
 
 
 
 
 
 
 
 
表紙・序・目次

表紙/口絵/発刊によせて 等
 

〔表紙/口絵/発刊によせて(山形県農業協同組合中央会会長・田苗義巳)/目次〕
 
 
〔編纂を終えて(山形県農業協同組合沿革史編纂委員会・委員長 皆川清輝)〕
 
 
〔山形県農協沿革史編纂委員名簿/参考図書・資料/あとがき(渡部健次)〕
 
 
 
第1編 農業・農協をめぐる社会・経済の流れ

第Ⅰ編 農業・農協をめぐる社会・経済の流れ
 

1.はじめに
1
 
2.農業基本法が生まれた36年
2
 
3.肥料2法反対運動・乳価問題が熾烈化した37年
3
 
4.産業間の所得格差開き,農協合併にエンジンかかる38年
4
 
5.オリンピック・新潟地震の39年
4
 
6.不況とベトナム戦争の40年
6
 
7.財界からの「日本農業への提言」が続出した41年
7
 
8.不況感なき景気調整といわれた42年
8
 
9.昭和元禄・明治百年の43年
9
 
10.米価1円も上がらなかった44年
11
 
11.貿易自由化か円切上げかが迫まられた45年
13
 
12.ドルショックと農産物輸入拡大の46年
15
 
13.田中総理の列島改造・土地買占めの47年
18
 
14.オイルショックにみまわれた48年
19
 
15.高度経済成長終焉と長期不況への49年
22
 
 
第2編 山形県農業の発展過程

第Ⅱ編 山形県農業の発展過程
 

第1章 基本法制定直後の本県農業(30年代後半)
27
 
停滞した30年代後半
27
 
1) 農基法直後・第10回山形県農協大会開く
27
 
2) 県政が打ちだした農業改良転換活動の方向(36~39年)
27
 
3) 本県農業の地位と所得動向(36~40年)
27
 
4) 農家の構成と農業経営
28
 
5) 30年代後半の農業生産
29
 
6) 農産物価格と農家経済の推移
31
 
7) 本県の農業構造改善
31
 
第2章 米生産調整までの本県農業(40年代前半)
33
 
1) 全国のトップをいく本県農業所得
33
 
2) 本県農業の地力
33
 
3) 県内産業間比較では農業地位後退
34
 
4) 農家は減らず,兼業ふえる-10年間で基幹労働力3割減
35
 
5) 農家の構造変化
35
 
6) 労力補完の機械化増進-伸びの大きい農用トラクター
36
 
7) 躍進を続けた農業生産
36
 
(1)連続4年日本一の本県稲作
36
 
(2)反収日本一となりながら米価据置きにたたかれた44年
37
 
8) 減反,そして総合農政の45年
37
 
9) 農家経済はこんなに変化した
38
 
第3章 昭和40年代後半の本県農業
41
 
1) 農業基本法から10年
41
 
2) 農業をめぐる環境の変化
41
 
3) V字型の農業生産所得
42
 
(1)46年の底から脱け出す47年
42
 
(2)底から脱け出した47年
42
 
4) 3年ぶりで米づくり日本一にかえり咲き,食糧危機説に沸いた48年
43
 
5) 農地の動き
43
 
6) 農業経営構造の変化過程
44
 
(1)農家の動き
44
 
(2)農業生産組織は流動しながらも数を増す
45
 
(3)田植機新登場
46
 
7) 生産調整下の農業生産と流通
47
 
(1)米の生産と流通
47
 
(2)稲転で急増したブドウとおうとう
49
 
(3)伸び悩んだ牛乳生産
50
 
(4)飼養農家減少,頭数増す肉用牛
50
 
(5)急ピッチで伸びてきた養豚
50
 
(6)規模拡大でセレクトされる養鶏
50
 
(7)傾斜から営農に定着しかけた養蚕
51
 
(8)自給野菜減り,商品野菜急増
51
 
(9)激動した40年代後半の農家経済
52
 
(10)近代化協業施設重点に変身した第2次構造改善事業(2次構)
53
 
 

 

JAグループ山形Net

 Copyright(C)   JA-group  Yamagata  All rights reserved.