JAグループ山形Net
VIVA!組合員のおしごと

トップ  >  果物  >  ラ・フランス農家 小川 晋さん
天童市 ラ・フランス農家 小川 晋 さんん
JAてんどう 果樹部会なし部長
 
ラ・フランス農家 小川 晋 さん
西洋なし生産量が全国一位!
 ラ・フランスは、西洋なしの中でも高級品として有名です。山形県は西洋なしの生産量が全国一位。もちろんラ・フランスも、県内各地で栽培されています。
 ラ・フランスの特徴は、見かけによらず、とろけるほどの甘い果実。その高貴な味わいに魅せられる人も多く、「果物の女王」とまで言われるようになりました。アイスクリームや缶詰、お菓子など、香り高い特徴を活かした加工品も多く出品されています。
 天童市でラ・フランスを栽培しているのは、果物農家を営む小川晋さん。小川さんの家は、代々続く専業農家。小川さんは、学校を卒業すると、両親とともに農業を営む道を選びました。
 「特に迷うこともなかったな。小さい頃から畑で遊んで身近に見てきて、やっぱり農業が好きで、したくて選んだから。大変だけど、やっぱり収穫が何よりの喜びですね。おもしろいですよ。」

脇役から主役へ~ラ・フランスの歴史~
途切れない出荷を目指して  天童市では約500人の農家がラ・フランスを育てていますが、小川さんの営む山口地区は、その1/3ほどにあたる農家が集中する天童市内最大の栽培地区です。
 今より30年前、それまで脇役で「みだぐなす(みっともない西洋なし)」と言われていたラ・フランスの美味しさが徐々に知られるようになりました。
天童市ではラ・フランスの名産地になるべく農家に呼びかけ、市をあげての一斉ラ・フランス植栽が始まったのです。小川さん一家もその時から栽培に取り組み、試行錯誤を重ねて今に至ると言います。
「今まで30回収穫しているが、毎年毎年違うから、難しいけどおもしろいです。雨が多いと輪紋病になり、軸が硬いから台風では実が落ちやすいなど、目が離せません。そのぶん、育て方ひとつで収穫の量や質に変化が出ます。いい果実を実らせるよう試行錯誤を重ねています。」


食べ頃まではじっくり寝かせて
 ラ・フランスの食べ頃は、一般の果物とちょっと違います。収穫してから一定期間、冷蔵庫で冷やし、出荷されます。その頃にはまだ硬い実は、日が経つにつれて少しずつ柔らかくなります。見た目ではわかりづらいですが、指でそっと押してみて、少し柔らかく感じたら食べ頃です。
 他の果物のように、もいでその場で食べることはできませんが、出荷前に冷蔵庫でじっくり寝かせることで美味しくなるラ・フランス。それもまた、女王の風格にも感じられます。

   「今年もようやく収穫を迎えられます。いい果物ができましたよ。いっぱい食べてください!」 と小川さん。秋の終わりに訪れる“女王様”ラ・フランスの食べ頃は、もうすぐです。


[ラ・フランスについてのお問い合わせ先]
JAてんどう
http://www.jatendo.or.jp/index.html

JAてんどうフーズ通信販売「天の童」
http://www.tennowarabe.jp/







(2016年9月取材)



 
 
前
果物トップ
カテゴリートップ
果物
次
庄内柿農家 菅原 仁 さん

 

JAグループ山形Net

 Copyright(C)   JA-group  Yamagata  All rights reserved.